コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダドニラリ[2世] あだどにらり

世界大百科事典内のアダドニラリ[2世]の言及

【アッシリア】より


【前1千年紀】

[新しい帝国の誕生]
 前1千年紀はじめのメソポタミア史上のもっとも重要な要素は,半遊牧民アラム人の不断の脅威であった。アッシリアはアッシュールダン2世Assur‐dan II(在位,前934‐前912)のもとで,アラム人や山岳民族の鎮圧に成功,次王アダドニラリ2世Adad‐nirari II(在位,前911‐前891)以降征服事業を再開する。この王は戦争のほかに農業改革についても詳細な記述を残している。…

※「アダドニラリ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone