コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダドニラリ[2世] あだどにらり

世界大百科事典内のアダドニラリ[2世]の言及

【アッシリア】より


【前1千年紀】

[新しい帝国の誕生]
 前1千年紀はじめのメソポタミア史上のもっとも重要な要素は,半遊牧民アラム人の不断の脅威であった。アッシリアはアッシュールダン2世Assur‐dan II(在位,前934‐前912)のもとで,アラム人や山岳民族の鎮圧に成功,次王アダドニラリ2世Adad‐nirari II(在位,前911‐前891)以降征服事業を再開する。この王は戦争のほかに農業改革についても詳細な記述を残している。…

※「アダドニラリ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android