アダマワ・イースタン語群(読み)あだまわいーすたんごぐん

世界大百科事典内のアダマワ・イースタン語群の言及

【ニジェール・コンゴ語派】より

…西アフリカ語群(大西洋側語群)West Atlantic(フラ語,ウォロフ語など),マンデ語群Mande(マンデカン語,バイ語など),ボルタ語群Voltaic(グル語群Gurともいう。モシ語,セヌフォ語など),クワ語群Kwa(ヨルバ語,イボ語など),アダマワ・イースタン語群(アダマワ東部語群)Adamawa‐Eastern(サンゴ語,ザンデ語など),ベヌエ・コンゴ語群Benue‐Congo(ティブ語,バントゥー諸語など)の6グループに下位区分される。このうち,バントゥー諸語を含むベヌエ・コンゴ語群は,約2000年前に故地のニジェール川の支流であるベヌエ川中流域(ナイジェリア)から急速に拡張をはじめ,現在の東アフリカから南アフリカ一帯の広い地域に分布するようになったものである。…

※「アダマワ・イースタン語群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android