コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムズ・ピーク[山] Adam’s Peak

1件 の用語解説(アダムズ・ピーク[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アダムズ・ピーク[山]【Adam’s Peak】

スリランカ南西部にある山。標高2231m。シンハラ語ではサマナラSamanala山と呼ばれ,島の守り神の一人であるサマンSaman神の宿る山として,古くから信仰登山の対象であった。山頂には大きな足跡の刻まれた岩があり,仏教徒にはゴータマ・ブッダ仏足石(仏足跡,スリ・パーダ)として,ヒンドゥー教徒には踊るシバ神の足跡として,イスラム教徒には片足で立つアダムの足跡として,それぞれの宗教の聖地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アダムズ・ピーク[山]の関連キーワードアリラン白神岳スリランカ大雪山剣山函館山アコンカグアスリジャヤワルダナプラコッテ御岳スリランカ中央高原

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone