コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムズ・ピーク[山] Adam’s Peak

世界大百科事典 第2版の解説

アダムズ・ピーク[山]【Adam’s Peak】

スリランカ南西部にある山。標高2231m。シンハラ語ではサマナラSamanala山と呼ばれ,島の守り神の一人であるサマンSaman神の宿る山として,古くから信仰登山の対象であった。山頂には大きな足跡の刻まれた岩があり,仏教徒にはゴータマ・ブッダの仏足石(仏足跡,スリ・パーダ)として,ヒンドゥー教徒には踊るシバ神の足跡として,イスラム教徒には片足で立つアダムの足跡として,それぞれの宗教の聖地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アダムズ・ピーク[山]の関連キーワードゴータマ・ブッダ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android