アチョリ族(読み)アチョリぞく(英語表記)Acholi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アチョリ族
アチョリぞく
Acholi

ウガンダ北部から南スーダンにかけてのサバナに住むナイル語系民族。21世紀初頭時点で人口は 100万人以上。サツマイモやラッカセイを栽培する農耕民であるが,ほかのナイル語系諸族同様,ウシに大きな価値をおく。伝統的には,1人の首長ルウォトに支配された数多くの独立した王国や首長国に分かれていた。各首長国はいくつかの村からなり,首長の属する王族リニージとそれに従ういくつかのリニージで構成されていた。村は,おのおのオーと呼ばれる集会場所をもった集落に分かれており,オーは人々の生活の中心である。異なるオーの間には強い対抗意識があり,しばしばその優劣を競う模擬戦やウンディーレと呼ばれる競技が催される。出自や相続は父系制である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android