コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アチンスク Achinsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アチンスク
Achinsk

ロシア中東部,東シベリアクラスノヤルスク地方南部の都市。クラスノヤルスクの西約 150kmにあり,チュルイム川にのぞむ。シベリア横断鉄道の主要駅の一つで,ここからアバカン,アバラコボ両方面へ支線が分岐する。市の起源は古く,1621年建設され,1782年市となり,交通の要地として栄えた。その後シベリア開発の中心都市の一つとして人口が急増した。 1969年霞石を原料とする大アルミナ製造工場がつくられ,クラスノヤルスク,ブラーツク,シェレホフのアルミニウム工場に原料を送っている。そのほか,セメント,食品 (食肉,製粉) などの工業があり,最近石油精製工場が建設された。人口 10万9156(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アチンスク
あちんすく
Ачинск Achinsk

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方の都市。チュルイム川の右岸にあり、シベリア鉄道などの交点に位置し、水陸交通の要地。人口12万2400(1999)。工業は農産物加工(穀物、肉、乳業、飼料)、雲母(うんも)加工、機械修理、建設資材、毛皮、縫製、履き物、家具、アルミナ製造など。アルミナはクラスノヤルスクのアルミニウム工場へ送られる。付近にはアチンスク褐炭田がある。市は1682年に建設。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アチンスクの関連キーワードチェルノゴルスクアンドロノボ文化ザオジョルヌイハカス共和国アチンスクナザロボカンスクウジュル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android