コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッジェル高原 アッジェルこうげんTassili N'ajjer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッジェル高原
アッジェルこうげん
Tassili N'ajjer

アルジェリア南東部にある砂岩質の大高原。タッシリとも呼ばれる。標高 1500~2000mで,長い間の浸食により深い谷が刻まれている。タッシリナジェール遺跡と呼ばれる先史時代の遺跡,洞窟画で名高い。山麓のオアシス,ジャネトから入るが,壁画への接近はいまなお容易でない。壁画の存在は 19世紀末期から知られていたが,1956年に H.ロートが調査と模写を行い,全貌を世界に紹介した。この彩色された壁画は,旧石器時代から新石器時代にかけてサハラが湿潤だった頃,リビアから来た狩猟民が残したものだが,それを残した住民については定かではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android