アッタロス[2世](英語表記)Attalos II

世界大百科事典 第2版の解説

アッタロス[2世]【Attalos II】

前220‐前138
ペルガモン王。在位,前159‐前138年。1世の次男。優秀な軍人,政治家として兄エウメネス2世を助け,その親ローマ政策を推進した。自身も終始ローマの忠実な同盟者であった。兄の死とともに王位につき,隣国ビテュニアをローマの援助のもとに破り,近隣諸国の王位継承にも介入し,自国の強化に努めた。ギリシア芸術の保護者としても知られ,デルフォイでは彼の援助を記念してアッタレイアの祭典が行われたと伝えられる。【田村

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android