コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アップリンクポート あっぷりんくぽーと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アップリンクポート

ハブ同士をカスケード接続するためのポート。専用のポートが用意されている場合と、1つのポートをスイッチで切り替える共用タイプがある。通常、ハブ同士をカスケード接続するにはクロスケーブルが必要になる。しかし、アップリンクポートを使えばストレートケーブルで接続できる。なおこの際は、片方がアップリンクポートに接続している場合、もう一方は通常のポートに接続する。また、アップリンクポートとしてギガビットEthernetポートを搭載し、高速なバックボーン回線として利用するタイプもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android