コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アップリンクポート あっぷりんくぽーと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アップリンクポート

ハブ同士をカスケード接続するためのポート。専用のポートが用意されている場合と、1つのポートをスイッチで切り替える共用タイプがある。通常、ハブ同士をカスケード接続するにはクロスケーブルが必要になる。しかし、アップリンクポートを使えばストレートケーブルで接続できる。なおこの際は、片方がアップリンクポートに接続している場合、もう一方は通常のポートに接続する。また、アップリンクポートとしてギガビットEthernetポートを搭載し、高速なバックボーン回線として利用するタイプもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android