コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッペンツェルアウサーローデン准州 アッペンツェルアウサーローデンAppenzell Ausser-Rhoden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッペンツェルアウサーローデン〔准州〕
アッペンツェルアウサーローデン
Appenzell Ausser-Rhoden

スイス北東部,アッペンツェル州北部および南西部の准州。行政の中心地は南西部にある州最大の都市ヘリザウであるが,直接民主制による議会制度をもち,ランツゲマインデ (立法集会) と呼ばれる戸外の集会を,ヘリザウに近いフントウィル (人口約 1000) または北部のトローゲン (人口約 2000) で,交互に毎年4月に開催する。住民はほぼ全員がドイツ語を話し,約 80%がプロテスタント。農業および綿製品,刺繍などの繊維工業が立地。面積 243km2。人口5万 1470 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android