コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツバコモングサ

1件 の用語解説(アツバコモングサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

アツバコモングサ

からだはやや硬い平らな紐状で,規則的に叉状または互生に裂けた様に数回分岐し,掌状になる。成熟すると表面に濃い色の斑点模様が現れる。円錐盤状の付着 器付近は短毛が密生し,下部の体表面にも短毛が密生する。顕微鏡で観察すると,からだの先端には生長点細胞が一列に並ぶ。色素体を持つ皮層細胞は小型で1 層からなり,無色で大形の髄層細胞は4〜6層である。体内に硫酸を含んでおり,傷んだ個体は黄緑色に変色をして硫酸を出すので,採集するときに他の海藻と 一緒にしないよう注意が必要である。生体は褐色〜濃褐色。外部形態はサナダグサに似るが,サナダグサの髄層細胞は1層であることから,区別できる。また,近縁のコモングサは薄く,表面にしわがあり,凸凹し,老成すると小孔があくが,本種は表面が平滑で細かいシワが入らない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone