コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツバコモングサ

1件 の用語解説(アツバコモングサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

アツバコモングサ

からだはやや硬い平らな紐状で,規則的に叉状または互生に裂けた様に数回分岐し,掌状になる。成熟すると表面に濃い色の斑点模様が現れる。円錐盤状の付着 器付近は短毛が密生し,下部の体表面にも短毛が密生する。顕微鏡で観察すると,からだの先端には生長点細胞が一列に並ぶ。色素体を持つ皮層細胞は小型で1 層からなり,無色で大形の髄層細胞は4〜6層である。体内に硫酸を含んでおり,傷んだ個体は黄緑色に変色をして硫酸を出すので,採集するときに他の海藻と 一緒にしないよう注意が必要である。生体は褐色〜濃褐色。外部形態はサナダグサに似るが,サナダグサの髄層細胞は1層であることから,区別できる。また,近縁のコモングサは薄く,表面にしわがあり,凸凹し,老成すると小孔があくが,本種は表面が平滑で細かいシワが入らない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アツバコモングサの関連キーワードイギス規則的規則動詞水盤薄田隼人平樽不規則動詞クロモ後屈立ちコントロールドシッティングエントリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone