アツバノリ

海藻海草標本図鑑の解説

アツバノリ

からだは葉状で幅広く,叉状または不規則に分枝。先端は舌状もしくは叉状となり,全体は扇形に広がる。また,全体的 にねじれを持ち波打つようになる。縁辺は全縁だが生長するにつれ縁辺や表面には小さなイボ状突起を持つようになる。付着器は小盤状でそこから太く短い茎状 部が直立し葉部へと広がっている。細胞層の髄層には糸状細胞が並んでいるのが観られる。手触りはやや厚く弾力があるが強く折り曲げるとパキッと裂けるよう に折れる。生体は褐色〜紅色。押し葉標本は台紙につきにくい。見た目の似ているものとしてカバノリがあるが,カバノリはより薄く,髄層が泡状細胞である。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android