コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アディゲ人 あでぃげじん

世界大百科事典内のアディゲ人の言及

【ソビエト連邦】より

… ザカフカス地方の主要民族は上記のアゼルバイジャン人と,古い文化をもつアルメニア人,グルジア人であるが,言語系統も文字も伝統宗教も異にしている。カフカス山中から北麓にかけては,グルジア語と同系のカフカス諸語の言語をもつカバルダ人,イングーシ人,アディゲ人,チェチェン人が居住し,山脈の南と北に分かれて,イラン系のオセット人の集団がある。面積5万km2,人口165万のダゲスタン地方は,主要民族だけで10,言語は30を数えることのできる,世界でもきわめて特異な地域である。…

【マイコープ】より

…人口15万2500(1993)。アディゲ人は古来北カフカスに居住した諸族の一つで,アディゲ語はアブハジア語,カバルダ語などとともにカフカス諸語の北西グループを形成する。1857年ロシア帝国の軍事要塞が建設された。…

※「アディゲ人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アディゲ人の関連キーワードナルト叙事詩チェルケスマイコープ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android