アデノシルコバラミン合成欠損

栄養・生化学辞典の解説

アデノシルコバラミン合成欠損

 アデノシルコバラミン合成欠損症アデノシルコバラミン合成障害ともいう.ビタミンB12,すなわちコバラミンの補酵素型は,ミトコンドリアの酵素であるコバラミンアデノシルトランスフェラーゼ[EC2.5.1.17]が,ATPのアデノシル残基をコバラミンに転移して生成するが,この酵素が欠損したり(コバラミンB病),ミトコンドリアのコバラミンレダクターゼが欠損(コバラミンA病)しているために,補酵素型が生成しないことによって起こる症状.補酵素型のビタミンB12を必要とするメチルマロニルCoAムターゼが作用できず,メチルマロン酸血となる.⇒コバラミンA病コバラミンB病

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android