コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデラード[バースの] Adelard

世界大百科事典 第2版の解説

アデラード[バースの]【Adelard】

12世紀の前半に活躍したイギリスのスコラ学者。生没年不詳。バースBathの生れ。文化史的に〈翻訳の世紀〉と呼ばれるヨーロッパ12世紀の典型的な学者の一人で,アラビア文化圏で開花していた科学的な新知識をラテン世界に翻訳・紹介するのに開拓者的な役割を果たした。フランスで学んだ後,旧来の知識に飽き足らず,イタリア,シチリアシリアのほかに,おそらくパレスティナやスペインをほぼ7年にわたって巡歴し,新知識の吸収に努めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアデラード[バースの]の言及

【中世科学】より

…スペインのトレドやシチリア,および北イタリアの諸都市において,ユークリッド,アルキメデス,プトレマイオス,アリストテレスの自然学,フワーリズミー,イブン・シーナー,イブン・アルハイサムなどの第一級の科学文献がラテン語に訳され,後の〈科学革命〉にいたる西欧科学の知的基盤をつくった。この〈12世紀ルネサンス〉の翻訳者として,クレモナのゲラルド,バースのアデラード,カリンティアのヘルマンHermann von Karinthia,チェスターのロバートRobert of Chesterらが知られているが,とくに70種以上の科学文献をアラビア語からラテン訳したゲラルドの功績は大きい。 13世紀には,このようにしてとり入れられたギリシア,アラビアの科学の遺産の上に,ようやく西欧科学の独自な活動が開始される。…

【無差別説】より

…ギヨームはここで〈類似〉を普遍概念の基礎とみなすことにより,極端な実在論をしりぞけ,普遍を概念のうちにおく〈概念論conceptualism〉に転じたとみられる。同時代のバースのアデラードにも同じ見解がある。普遍論争【泉 治典】。…

※「アデラード[バースの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android