コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトプー アトプーAttopeu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトプー
Attopeu

ラオス南部の町。メコン川の河港パークセーの東南東約 120km,東のアンナン山脈と西のボロベン高原にはさまれたメコン川支流コン川の谷にある。農業地帯の中心地で,コン川流域に産する米などを集散する。パークセーとベトナム中部の高原都市コントゥムを結ぶ道路が通る。住民にはカー族が多い。人口約 3000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アトプーの関連キーワードホー・チ・ミン・ルート

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android