コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)

1件 の用語解説(アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)

アイゼンハワー米大統領が1953年12月8日に国連で行った演説の名。核兵器保有国が軍縮に動き、原子力利用を医療や発電などの平和目的に移していく姿勢を示した。核保有国から核分裂物質の供出を受ける国際組織の必要性も訴え、国際原子力機関(IAEA)の設立につながった。

(2013-06-20 朝日新聞 朝刊 特設C)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)の関連キーワード大統領府ダレス哀然アイゼンドワイトDアイゼンハワージョンFダレスハリーSトルーマンPSAC米大統領スキーアイゼン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)の関連情報