コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)

アイゼンハワー米大統領が1953年12月8日に国連で行った演説の名。核兵器保有国が軍縮に動き、原子力利用を医療や発電などの平和目的に移していく姿勢を示した。核保有国から核分裂物質供出を受ける国際組織必要性も訴え、国際原子力機関(IAEA)の設立につながった。

(2013-06-20 朝日新聞 朝刊 特設C)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)の関連情報