アドミラルティ[諸島](読み)アドミラルティ

百科事典マイペディアの解説

アドミラルティ[諸島]【アドミラルティ】

ニューギニア島北東方に分布する島々。ビズマーク諸島に属し,マヌス島が最大で,16の小島が周辺に散在。第1次大戦前ドイツ領,現在はパプア・ニューギニア領。コプラ,真珠貝が主要産物。マヌス島北東岸のロレンガウが中心集落。1943km2。マヌス島の人口6万485人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アドミラルティ[諸島]【Admiralty Islands】

ニューギニア島の北東方,西南太平洋ビズマーク諸島に含まれ,ラバウルの北西約600kmに位置する。パプア・ニューギニア国マヌス州に属する,面積1943km2の火山島群で,主島マヌスをランブティオなどの16余りの小島が取り囲む。人口2万6000(1980)。中心はマヌス島北東岸のロレンガウLorengau。コプラが主産物で,ほかにココア,ゴムなども栽培され,漁業,林業も有望である。1616年,オランダの航海者スハウテンとル・メールJ.Le Maireが発見。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android