コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドリアーナ・ルクヴルール

デジタル大辞泉プラスの解説

アドリアーナ・ルクヴルール

イタリアの作曲家フランチェスコ・チレアのイタリア語による全4幕のオペラ(1902)。原題《Adriana Lecouvreur》。18世紀にパリで活躍した実在の花形女優の悲恋を描いた作品。チレアの代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

アドリアーナ・ルクヴルールの関連キーワードレナータ テバルディシミオナート安部誠司

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android