コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドルフ・フォン・ナッサウ Adolf von Nassau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドルフ・フォン・ナッサウ
Adolf von Nassau

[生]1250頃
[没]1298.7.2. ウォルムス近郊ゲルハイム
ドイツ王 (在位 1292~98) 。ナッサウ伯。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ルドルフ1世の死後,ケルン大司教ら選帝侯の支持で国王に選ばれた (皇帝位は教皇から承認されなかった) 。しかし中部ドイツに一大領邦を建設しようとする意図は諸侯の不信を買い,1298年諸侯から廃位を宣せられ,ドイツ王の後継者に選ばれたハプスブルク家アルブレヒト1世の軍に敗れ,没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアドルフ・フォン・ナッサウの言及

【アルブレヒト[1世]】より

…在位1298‐1308年。家門権力の強化策をとるアドルフ・フォン・ナッサウ(在位1291‐98)の対立王に選出され,ゲルハイムで彼を敗死させる。だが自らも家門勢力の拡大策をとる。…

※「アドルフ・フォン・ナッサウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アドルフ・フォン・ナッサウの関連キーワードアルブレヒト[1世]アルブレヒトナッサウ家ナッサウ在位

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android