コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナクレオン詩派 アナクレオンしは

世界大百科事典 第2版の解説

アナクレオンしは【アナクレオン詩派】

18世紀ドイツの一詩派。1554年フランスでアンリ・エティエンヌ(エティエンヌ父子)が出版した古代ギリシアのアナクレオン風の詩はひろくヨーロッパに影響を及ぼしたが,1739年ごろドイツのハレに,この詩をドイツ語に翻訳しつつ,同時にこれにならった詩を作る一群の青年が現れた。このグループをアナクレオン詩派とよぶ。敬虔主義の中心地のひとつであったハレの宗教的雰囲気に反発するように,その詩は,酒や恋や友情をテーマとして,現世の喜びをうたい,軽快な形式に対する感覚,単純で優雅なものへの憧れ,戯れや機知を喜ぶ精神など,ロココ的な性格の文学である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アナクレオン詩派の関連キーワードアナクレオン風