アナグマ(穴熊)(読み)アナグマ(英語表記)Old World badger

世界大百科事典 第2版の解説

アナグマ【アナグマ(穴熊) Old World badger】

太くて短い,がんじょうな四肢をもつ食肉目イタチ科の哺乳類(イラスト)。はがっしりとして,吻(ふん)は突出する。全体として穴掘りに適した体だといえる。体長56~81cm,尾長11~20cm,体重10~16kg。体色は上面が灰色,下面および四肢が黒色頭部白色の地に,鼻の先端近くから目の周囲,耳にかけて黒色のがある。ヨーロッパおよび日本(北海道を除く)を含むアジアの温帯低地から山地まで広く分布し,主として森林,低木林にすむほか,海岸の畑地,ときには市街地内にも生息する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアナグマ(穴熊)の言及

【タヌキ(狸)】より

…一見アナグマあるいはアライグマに似るが,イヌ科に属する原始的な食肉類(イラスト)。アジア東部の特産で,北はシベリアのアムール川から南はベトナム北部まで分布。…

※「アナグマ(穴熊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android