コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナスターシア・ロマーノブナ Anastasiya Romanovna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナスターシア・ロマーノブナ
Anastasiya Romanovna

[生]?
[没]1560. モスクワ近郊コロメンスコエ
ロシアのツァーリ,イワン4世 (雷帝) の最初の妃。 1547年イワン4世は全権力をみずから行使するため,ツァーリとして戴冠し,その直後,あらかじめ全土の名家から集められた適齢期の女性群のなかから選ばれていたアナスターシアと結婚,親政を始めた。彼女の生家 (ザハリン家) がモスクワの貧民から尊敬され,そのゆえに大貴族の反感を買っていたところから,大貴族を憎悪していたイワンは彼女との結婚で彼らに復讐したという。彼の愛を一身に受けていたので,彼の残忍な行為を押えうる唯一の人であり,彼女の計らいで助けられた囚人は多い。彼女の死については,貴族による毒殺の噂が流れ,そのためイワンは貴族に対してますます狂暴にふるまった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アナスターシア・ロマーノブナの関連キーワードグスタフフランソワ今川義元浅井長政グスタフ伊木山城クーザンエリザベス(1世)久松氏桶狭間の戦い

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android