コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナフィ島 アナフィトウ

デジタル大辞泉の解説

アナフィ‐とう〔‐タウ〕【アナフィ島】

AnafiΑνάφη》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の南東端に位置する。中心地はホラ。8世紀頃のドリス人の都市遺跡やベネチア共和国時代の城塞跡がある。毎年9月、ゾードホスピギ修道院において、聖母マリアの誕生を祝う祭が催されることで知られ、数多くの巡礼者が訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アナフィ島の関連キーワードエーゲ海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android