コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナプラスマ症(読み)アナプラスマしょう(英語表記)anaplasmosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナプラスマ症
アナプラスマしょう
anaplasmosis

赤血球に寄生する吸血原虫 Anaplasma marginaleと A. centraleによって起る家畜の病気。家畜法定伝染病。マダニによって媒介され,特に放牧牛に多く発生する。発熱,貧血,黄疸などを呈し,流産や突然死などの症状をみる。治療にはテトラサイクリンが有効。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android