コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニマルセラピー アニマルセラピー animal therapy

6件 の用語解説(アニマルセラピーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニマルセラピー
アニマルセラピー
animal therapy

動物との交流によってもたらされる精神的な影響をいかした精神療法の一つ。医療従事者の主導により,ソーシャルワーカーら専門家を中心に行なわれるリハビリテーション精神障害情緒障害などの治療に動物を参加させる医療行為としての動物介在療法 Animal Assisted Therapy; AATと,動物を連れて施設を訪問するボランティアらのもとで動物との触れ合いを通じて精神面・肉体面の健康向上や癒やし効果を期待するレクリエーションとしての動物介在活動 Animal Assisted Activity; AAAとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

アニマルセラピー

動物介在療法(AAT)と動物介在活動(AAA)を合わせて、日本で造語された言葉と思われる。動物介在療法では、動物と一緒に運動などを行うことにより、患者の興味ややる気が高まり、治療効果が上がる例もあるとされている。それ以外の医療・福祉面での動物介在の効果として、心臓病患者に対する効果、高齢者の運動と健康促進への効果、人間の精神的健康への効果、小児病棟などにおける患者の精神的サポートなども知られている。日本では、日本動物病院福祉協会の「人と動物の触れ合い活動(CAPP)」に代表される動物介在活動が行われてきた。これも、動物による精神的な癒し効果が認められていることから、アニマルセラピーの一部として論じられることが多い。また、子供の教育に対する動物の効果を認め、教育現場に動物を介在させようという、動物介在教育(AAE)も進んでいる。

(石田卓夫 日本臨床獣医学フォーラム代表 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アニマルセラピー

犬や馬、イルカなどの動物を使って、障害者やお年寄りらの身体的、精神面の健康を向上させる活動。医師が参加した治療と呼べるアニマル・アシステッド・セラピー(AAT、動物介在療頬、動物との触れあいを重視するアニマル・アシステッド・アクティビティー(AAA、動物介在活動)、子どもたちへの教育を重視したアニマル・アシステッド・エデュケーション(AAE、動物介在教育)に区別される。

(2010-05-01 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アニマル‐セラピー

アニマルアシステッドセラピー」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アニマルセラピー

動物との交流によって,病状などによい効果をもたらす療法。動物介在療法。 AAT 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニマルセラピー
あにまるせらぴー

アニマルセラピーは、二つの概念を含む和製英語であり、Animal Therapyと表記しても英語としては意味が通じない。すなわち、動物と触れ合うことによって情操教育や健康維持に寄与するという広義のアニマルセラピーと、さまざまな心身のハンディキャップを克服するための医療行為として実施される狭義のアニマルセラピーがあり、前者を動物介在活動(アニマル・アシステッド・アクティビティAnimal Assisted Activity=AAA)、後者を動物介在療法(アニマル・アシステッド・セラピーAnimal Assisted Therapy=AAT)とよんで区別することがある。この区別は、医療行為としてのアニマルセラピー(AAT)を日本に定着させるために有効と考えられる。しかしウマを活用したセラピー(療法)では、「医療」を目的とする、乗馬などによるヒポセラピーと、「教育」または「スポーツレジャー」を目的とする乗馬やウマとの触れ合い活動とを内容的に区別することは困難であり、これら3領域全体をセラピューティック・ライディングTherapeutic Riding(厳密に対応する日本語がないが、乗馬療法や障害者乗馬が一般に用いられている)とよんで、互いの連携を図りながら発展させようとしている。
 アニマルセラピーに活用される動物は主としてウマやイヌなどの家畜化された動物であるが、イルカなどの野生動物が活用されることもある。しかし野生動物の多くはその生理・習性が十分に知られていないこと、また飼育下に置くだけでも大きなストレスを与えるおそれがあることから、特別の場合を除き、野生動物をセラピー動物として用いるべきではない。
 一方、イヌは2万年以上にわたる人との交流の歴史をもつ動物であり、過重なストレスを与えないよう適切な配慮を怠らない範囲内で、アニマルセラピーに活用することは推奨される。またウマは、日本ではかつて150万頭も飼養されていたが2006年(平成18)には9万頭を割ってしまうまでに激減しており、このままでは競走馬を除いた用途のウマは絶滅のおそれがある。ウマを日本に残そうとするのであれば、かつての農耕馬や荷役(にやく)馬などにかわる新しい役割をウマに与えることが必要であり、広義のアニマルセラピーに期待される。
 アニマルセラピーが他のセラピーと比較してどのような長所と短所をもつのか。科学的知見が不足しているため正確な比較は困難であるが、「動物という生き物を活用したセラピー」である点に、その長所と短所が求められるであろう。すなわちアニマルセラピーには、治療を及ぼす側と受け手の間に動物が介在する場合(イヌなど)と、動物自身が治療を及ぼす側として受け手と向かい合い、医療従事者やボランティアは仲介者として存在している場合(ウマなど)があるが、イヌが後者の役割を演じる場合も、またウマが前者の役割を演じる場合もある。いずれにしろ動物が能動的に人に働きかけるため、ときには失語症の人がことばを取り戻すという強烈な効果が報告される。しかし逆に、イヌ嫌いの患者にイヌを見せて症状が悪化する危険があるかもしれない。アニマルセラピーは他のセラピーにはない劇薬的な長所と欠点をもったセラピーといえる。[林 良博]

動物介在療法の歴史

動物介在療法の歴史は、古くはギリシア時代に受傷した戦士のリハビリテーションに乗馬療法を取り入れたころにさかのぼる。18世紀には、イギリスのヨークにある施設で、小形の動物を飼養することで精神障害者の治療効果を上げた報告がある。
 1960年代のアメリカの心理学者ボリス・M・ロビンソンによるイヌと子供の関係から生まれる効果の研究を契機に多くの研究が進められた。1980年代のものではペンシルバニア大学のエリカ・フリードマンとアーロン・H・カッチャーによるイヌや水槽の魚の飼育と血圧安定の効果の関係、オーストラリアのベーカー研究所で行われた心臓病と動物飼育との関係などがよく知られる。以降、医学、獣医学、心理学、教育学、犯罪学などが連携し、人と動物の関係がもたらす効果については広く研究されている。
 日本における活動としては、1986年(昭和61)に公益社団法人日本動物病院福祉協会が、コンパニオンアニマル・パートナーシップ・プログラムCompanion Animal Partnership Program(略してCAPP)活動、すなわち「人と動物のふれあい活動」をスタートさせて以来、行われている。[柴内裕子]

人と動物のふれあい活動

人と動物のふれあい活動(CAPP活動)とは、動物介在活動(AAA:Animal Assisted Activity)、動物介在療法(AAT:Animal Assisted Therapy)、動物介在教育(AAE:Animal Assisted Education)の総称であり、具体的には、病院・施設・学校などへの訪問活動などである。これらの活動は、さまざまな角度で効果をあげ、社会のなかでしだいに認知度を高め、浸透してきている。現在では、全国各地で活動するグループも増えているが、人と動物との絆(ヒューマン・アニマル・ボンドHuman Animal Bond)をたいせつにする理念と、世界共通の活動基準を守ることが基本となる。[柴内裕子]
動物介在療法
動物介在療法(AAT)は、おもに精神科、慢性疾患、リハビリテーション、小児病棟、高齢疾患等に活用され、人の治療を目的に、プログラムの設定から治療の経過の記録、効果の判定までを医療従事者が行い、医師(パラメディカル・スタッフも含む)の参加が必須である。獣医師は、活動動物の健康と行動学的なチェックを行い、活動動物の養成に貢献するが、最適なボランティアスタッフが動物側の全責任をもてる現場では参加は必須ではない。[柴内裕子]
動物介在活動
動物介在活動(AAA)は、動物とのふれあい活動であり、対象となる人の生活の質の向上、情緒的な安定、また教育やレクリエーションを目的として実施される。高齢者施設やホスピスなどに、基準を満たしたボランティアとパートナーとしての動物が訪問し、一定の時間ふれあい(抱く、なでるなど)、またイヌの特技を見るなどして、会話や活気ある時間を楽しむ。医療の専門家の指導は必須ではない。[柴内裕子]
動物介在教育
動物介在教育(AAE)は、児童の教育に動物を介在させることによって、児童の道徳的、精神的、人格的な成長を促し、学校を中心としたコミュニティに恩恵をもたらすことを目的としている。保育園や小学校に、基準を満たしたボランティアとパートナーとしての動物(ほとんどがイヌ)が訪問し、正しいイヌとの付き合い方、事故防止、世話のしかた、動物の行動や身体、命の大切さなどを学び、体感体得する学習の一環。訪問先との事前打ち合わせや協力・連携が重要となる。[柴内裕子]
『林良博著『ペットは人間のお医者さん――共に暮らすための知恵と実践』(2001・東京書籍) ▽岩本隆茂・福井至編『アニマル・セラピーの理論と実際』(2001・培風館) ▽マーティ・ベッカー、ダネル・モートン著、寺尾まち子訳『ペットの力――知られざるアニマルセラピー』(2003・主婦の友社) ▽田丸政男・戸塚裕久著『アニマルセラピー――補完・代替医療』(2006・金芳堂) ▽太田光明監修、ひとと動物のかかわり研究会編『アニマルセラピー入門』(2007・IBS出版) ▽川添敏弘著『アニマル・セラピー』(2009・駿河台出版社) ▽横山章光著『アニマル・セラピーとは何か』(NHKブックス) ▽林良博著『検証アニマルセラピー ペットで心とからだが癒せるか』(講談社・ブルーバックス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニマルセラピーの関連キーワードヒューマン・アニマルボンド動物介在活動動物介在療法AAT動物介在教育介在輪形動物アニマルアシステッドセラピーノックアウト動物ホースセラピー

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アニマルセラピーの関連情報