コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニーリング

栄養・生化学辞典の解説

アニーリング

 一本鎖の相補的な配列をもつDNA鎖同士が二本鎖を形成すること.二本鎖のDNAを加熱して一本鎖にしたあと,冷やすと相補鎖同士を認識してアニーリングが起こり,再び二本鎖が形成される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アニーリングの関連キーワード量子焼き鈍し法放射線損傷焼き鈍し法焼き鈍しPCR

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アニーリングの関連情報