コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アノスマ anosma

岩石学辞典の解説

アノスマ

溝を彫った舌の形の熔岩で,粘性の高い熔岩が熔岩流の硬い殻にできた割れ目を通して絞り出されて形成されたものである[Colton & Park : 1930].ギリシャ語のanは否定,osmosは押すことである.プッシュアップ(pushup)[Bribham : 1939].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

アノスマの関連キーワードスクイーズ・アップクェッチ熔岩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android