コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバイ アバイAbai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバイ
Abai

カザフスタン中部,カラガンダ州の都市。州都カラガンダの南南西約 40kmにあり,カラガンダ炭田の採炭中心地の一つ。ほかに木材加工,縫製,建設資材などの工場がある。カラガンダと鉄道,ハイウェーで連絡。人口約3万 5000。

アバイ
Abai; Abae

フォキスの北東方に位置する古代ギリシアの都市。ラテン名アバエ。アポロンの神託で有名。前 480年ペルシア戦争のとき神殿は焼かれたが,神託は存続した。神聖戦争 (前 355~346) のとき,再び焼失したが,ローマ時代にハドリアヌス帝 (在位 117~138) によって一部復興した。城壁とアクロポリスの遺跡が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アバイの関連キーワードウルリック ガーデ・ドゥエムフタル アウェーゾフGティム・クックタビテウエア島ブルーナイル川アウエーゾフバハルダールウワバイン青ナイル川8月10日シーラス能動輸送スプーマゴジャムタナ湖カボレ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アバイの関連情報