アバロン(英語表記)Avalon

大辞林 第三版の解説

アバロン【Avalon】

ケルト伝説で、西方にある聖なる島。アーサー王と臣下が死後送られたとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアバロンの言及

【アーサー王伝説】より

…アーサーは宝剣エクスカリバーを得てブリテン王となり,ギネビアと結婚,諸国を平定して,ローマ遠征の途につく。その留守中,甥のモルドレッドが王位を奪いギネビアと結婚したという知らせを受け,アーサーは直ちに帰国,モルドレッドを倒すが,自らも重傷を負い,アバロンの島(エトナ)に去る。これが《ブリテン列王史》に記されたアーサー王の伝説的生涯の原型であるが,後年〈宮廷風恋愛〉に基づく円卓騎士団の恋愛物語(ロマンス)や,〈聖杯伝説(聖杯探究の物語)〉等々が加えられ,さらにまたトリスタンとイゾルデの悲恋物語とも結びつき,アーサー王伝説は膨大な物語群に発展していった。…

※「アバロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アバロンの関連情報