コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバンカイ Abancay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバンカイ
Abancay

ペルー中南部,アプリマク県県都クスコの西約 100kmのアンデス山脈中にあり,標高約 2380mの冷涼で雨が少い山間盆地に位置する。町の起源は明らかでないが,スペイン植民地時代には商業中心地として繁栄。現在同県の商工業中心地で,製糖,ラム酒製造,銅採掘なども行われる。アヤクチョとクスコを結ぶ道路が通る。人口2万 9200 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android