コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビシニアン[種] Abyssinian

翻訳|Abyssinian

1件 の用語解説(アビシニアン[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アビシニアン[種]【Abyssinian】

世界で最も古い品種のイエ(家)ネコ(イラスト)。短毛種で,原産地エチオピア。体格は特に規定はないが,あまり大きくないほうがよく,日本ネコくらいである。体は筋肉質スマートで,長い尾をもつ。目は大きくアーモンド形で,金色,青色,または淡褐色。短い被毛は毛根の側から黄褐色,煉瓦色,先端は黒色か暗褐色の〈まじり色〉といわれる横縞模様などが特徴である。配列中央の煉瓦色が明るいと,体全体が橙色にみえて美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアビシニアン[種]の言及

【ネコ(猫)】より

…毛色はブルーで虹彩は緑色,体と顔は細い),シャムネコ(イラスト)(シャム。毛色は灰褐色で顔,四肢,尾が暗色,体が細く顔は三角形),アビシニアン(イラスト)(毛色は黄褐色で毛の基部は黄赤褐色,体は細く,顔は三角形で頭を高く保ち,古代エジプトのネコによく似ている),セーブル(アメリカではビルマと呼ぶことがある。毛はチョコレート色で光沢があり,虹彩は緑色)などのように,毛色がほとんど一定しているものと,ヨーロッパネコ(頭が丸く左右の耳の間が広い。…

※「アビシニアン[種]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アビシニアン[種]の関連キーワードヘリテージ・ブランドエコノミスト養蜂赤米家猫黒米上古褌担ぎ多様な生物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone