コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビレス,H. あびれす

世界大百科事典内のアビレス,H.の言及

【トリオ・ロス・パンチョス】より

…1959年から66年まで数回来日したが,その頃が絶頂期であった。歌手・作曲家チューチョ・ナバーロChucho Navarro,レキント・ギターの名手アルフレード・ヒルAlfredo Gilの2名を不動のメンバーとし,トップ・ボイスは幾度か変わったが,なかでは初代のエルナンド・アビレス,4代目のジョニー・アルビーノ(ともにプエルト・リコ人)が名高い。【浜田 滋郎】。…

※「アビレス,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android