コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビ漁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アビ漁

冬場、豊浜・斎島周辺の瀬戸内海に飛来するアビ類は、水中に潜ってイカナゴを食べる。追われたイカナゴの群れにタイやスズキが集まり、好漁場をつくる。その魚を手こぎ船から一本釣りで捕る。世界でも珍しい伝統漁法で、「鳥付こぎ釣漁業」や「いかり漁」と呼ばれる。江戸時代の元禄年間(1688〜1704)かその少し前が起源という。

(2007-03-05 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

アビ漁の関連キーワード大崎下島二窓島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android