コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビ漁

1件 の用語解説(アビ漁の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アビ漁

冬場、豊浜・斎島周辺の瀬戸内海に飛来するアビ類は、水中に潜ってイカナゴを食べる。追われたイカナゴの群れにタイやスズキが集まり、好漁場をつくる。その魚を手こぎ船から一本釣りで捕る。世界でも珍しい伝統漁法で、「鳥付こぎ釣漁業」や「いかり漁」と呼ばれる江戸時代の元禄年間(1688〜1704)かその少し前が起源という。

(2007-03-05 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アビ漁の関連キーワード牛窓瀬戸内海瀬戸内海国立公園播磨灘鷲羽山坂出瀬戸内音戸ノ瀬戸瀬戸内法アビ類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone