コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビ漁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アビ漁

冬場、豊浜・斎島周辺の瀬戸内海に飛来するアビ類は、水中に潜ってイカナゴを食べる。追われたイカナゴの群れにタイやスズキが集まり、好漁場をつくる。その魚を手こぎ船から一本釣りで捕る。世界でも珍しい伝統漁法で、「鳥付こぎ釣漁業」や「いかり漁」と呼ばれる。江戸時代の元禄年間(1688〜1704)かその少し前が起源という。

(2007-03-05 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

アビ漁の関連キーワード大崎下島二窓島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android