コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アファーマティブ・アクション affirmative action

翻訳|affirmative action

1件 の用語解説(アファーマティブ・アクションの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アファーマティブ・アクション【affirmative action】

1964年のアメリカ合衆国公民権法第7編で〈人種,宗教,性,出身国,皮膚の色〉を理由とする雇用などの差別は禁止されたが,とりわけ黒人などは,長年の差別によって,差別が廃止されたからといって白人と対等に競争する準備は当然できていない。そこで考えられたのが,少数民族(黒人,ヒスパニック先住民アジア系,太平洋諸島出身者)と女性をめぐる差別を積極的に是正し,結果的に平等を実現しようという政策,つまりアファーマティブ・アクションである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アファーマティブ・アクションの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネバダネブラスカ北米亜米利加アメリカ連合国アメリカン・ヘアレス・テリア

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アファーマティブ・アクションの関連情報