コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガニスタンにおける各国の活動

1件 の用語解説(アフガニスタンにおける各国の活動の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガニスタンにおける各国の活動

南東部では有志連合武装勢力の掃討作戦である不朽の自由作戦(OEF)を展開。米軍を主体にカナダや韓国など約20カ国が8千人を派遣。インド洋上ではテロリストの移動や麻薬、武器取引の阻止を目的に海上阻止活動(OEF-MIO)が続く。日本と米英仏独、パキスタンの6カ国が活動中。治安維持や復興支援は国際治安支援部隊(ISAF)と地域復興チーム(PRT)が担う。ISAFは国連安保理決議で創設された多国籍部隊でドイツとカナダも参加している。

(2007-10-07 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフガニスタンにおける各国の活動の関連キーワードソマリア武装蜂起マケドニア紛争掃討OEFとISAFイスラム法廷連合(UIC)ネパールの民主化運動暫定政府とイスラム法廷連合(UIC)不朽の自由作戦(OEF)ミャンマーの少数民族と武装勢力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone