コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガンのメディア事情

1件 の用語解説(アフガンのメディア事情の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガンのメディア事情

イスラム原理主義の旧タリバーン政権下ではテレビ局や新聞社が閉鎖され、布告や説教を伝えるラジオ局1局だけが存在した。しかし、現在は情報文化省に登録されただけでも日刊紙10(うち政府系4)、その他の新聞321(同27)、テレビ局10(同1)、ラジオ局20以上(同1)がある。成人の識字率は男性43%、女性14%程度。それだけにテレビやラジオが重要な情報源だ。テレビで放映するインド映画が高い人気を得ている。

(2006-09-29 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフガンのメディア事情の関連キーワードバーミヤンタリバーンモスク立てこもり事件(パキスタン)汎イスラム主義亜富汗斯坦アフガンの国造りイラクのスンニ派とシーア派バーミヤン遺跡米軍のアフガン戦争アフガンの女子教育

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone