コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガンの国造り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガンの国造り

米同時多発テロ後、米軍が空爆し、イスラム原理主義を唱えるタリバーンによる政権は01年12月に崩壊。米国や国連の後押し大統領選(04年)、総選挙(05年)を実施し、民主国家建設を進める。一方で南部を中心にタリバーン残存勢力の抵抗が続いている。

(2006-05-20 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフガンの国造りの関連情報