コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガンの武装解除

1件 の用語解説(アフガンの武装解除の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガンの武装解除

01年の旧タリバーン政権崩壊後、内戦を主導した軍閥は国防省の管理下に置かれ、武装解除の対象となった。約6万3千人の兵士を武装解除して05年に終了。続いてDIAG計画が始まった。武装集団の司令官は、政府の通告書に従って1カ月以内に武器を自発的に提出。従わない場合、最終的に銃器法違反容疑で逮捕される。現在は全国34州のうち5州で実施されており、順次拡大される。

(2006-06-19 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフガンの武装解除の関連キーワードGOLKARアフガンの国造りアフガン内戦アフガニスタンでの戦い9・11とアフガニスタンアフガニスタンの治安維持と国際支援アフガニスタン大統領選アフガン大統領選米軍のアフガン戦争アフガンの女子教育

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone