コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガン内戦

1件 の用語解説(アフガン内戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガン内戦

79年に旧ソ連軍が侵攻し、ムジャヒディン(イスラム戦士)各派が米国などの支援を受けて親ソ政権と戦った。89年にソ連が撤退すると、各派の主導権争いから全土で内戦に。98年にイスラム神学生の武装集団タリバーンがほぼ全土を支配。01年に米同時多発テロが起きると、米国はタリバーンに国際テロ組織アルカイダビンラディン容疑者の引き渡しを要求した。これが拒否されるとアフガンを空爆、反タリバーン各派も攻勢をかけ、タリバーン政権は01年12月に崩壊した。国連仲介の協議で01年暮れにボン合意が成立。これに基づき大統領選、議会選と進めた民主化プロセスは05年12月の議会開催で完了した。

(2006-03-29 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフガン内戦の関連キーワード満州国オサマ・ビンラディンカチンの森父者人アフガン侵攻キムジャンムジャヒディンハルク多民族国家アフガニスタンと内戦アフガニスタン難民樺太島民の悲劇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフガン内戦の関連情報