アフガン駐留米軍

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガン駐留米軍

2001年の同時多発テロ後、米国はアフガニスタンのタリバーン政権(当時)が国際テロ組織アルカイダの最高指導者オサマ・ビンラディン容疑者をかくまっているとして、アフガンでの軍事作戦を始めた。ブッシュ政権下では派遣は4万人未満だったが、オバマ大統領は09年12月、3万人の追加派遣と11年7月の撤退開始を発表し、現在は約10万人が駐留。作戦開始以降、アフガンでの米兵の死者は1600人を超えた。

(2011-06-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフガン駐留米軍の関連情報