コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガン駐留米軍

1件 の用語解説(アフガン駐留米軍の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフガン駐留米軍

2001年の同時多発テロ後、米国はアフガニスタンタリバーン政権(当時)が国際テロ組織アルカイダの最高指導者オサマ・ビンラディン容疑者をかくまっているとして、アフガンでの軍事作戦を始めた。ブッシュ政権下では派遣は4万人未満だったが、オバマ大統領は09年12月、3万人の追加派遣と11年7月の撤退開始を発表し、現在は約10万人が駐留。作戦開始以降、アフガンでの米兵の死者は1600人を超えた。

(2011-06-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフガン駐留米軍の関連キーワードアフガン戦争オサマ・ビンラディンGZアフガンの国造りアフガニスタンでの戦い不朽の自由作戦(OEF)9・11とアフガニスタンアフガニスタンの治安維持と国際支援米同時多発テロ米軍のアフガン戦争

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフガン駐留米軍の関連情報