アフテンスク鉱(データノート)(読み)あふてんすくこうでーたのーと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフテンスク鉱(データノート)
あふてんすくこうでーたのーと

アフテンスク鉱
 英名    akhtenskite
 化学式   ε-MnO2
 少量成分  ―
 結晶系   六方
 硬度    未測定
 比重    4.78
 色     黒
 光沢    土状
 条痕    黒
 劈開    一方向に発達
       (「劈開」の項目を参照)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android