コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフトゥイルカ アフトゥイルカAkhtyrka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフトゥイルカ
Akhtyrka

ウクライナ北東部,スームイ州の都市。州都スームイの南約 70km,ドネプル川支流ボルスクラ川にのぞむ。 1641年クリミア・タタールに対するロシアの南境の要塞としてつくられた。 1758年建造の聖堂が知られている。金属加工,食品工業その他の軽工業が主要工業。人口約4万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android