コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・ブン・イドリース あふまどぶんいどりーす

世界大百科事典内のアフマド・ブン・イドリースの言及

【サヌーシー派】より

…リビアを中心に北アフリカに拡大したイスラム神秘主義教団。アルジェリアのムスタガーニム近在の出身で,フェス,チュニス,カイロなど北アフリカ各地を遊学した後,メッカでアフマド・ブン・イドリースAḥmad b.Idrīs(?‐1837)の感化を受けたムハンマド・ブン・アリー・アッサヌーシーMuḥammad b.‘Alī al‐Sanūsī(1791‐1859)により,1837年メッカで創設された。40年代以降,本拠をリビアに移し,ジャグブーブやクフラ・オアシスを中心にサハラ一帯のオアシスにザーウィヤ(修道場)群を設立,周囲のフランス,ムハンマド・アリー朝,オスマン帝国,イギリスの諸勢力と対峙し,1911年以降はイタリアのリビア支配に対して持続的抵抗を組織した。…

※「アフマド・ブン・イドリース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アフマド・ブン・イドリースの関連キーワードサヌーシー派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android