コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフメト・ハーシム Ahmet Haşim

1件 の用語解説(アフメト・ハーシムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アフメト・ハーシム【Ahmet Haşim】

1885‐1933
トルコの詩人。《未来の夜明けFecri Ati》誌を主宰し,西欧文学思潮とくにフランス象徴主義を理念とするグループを結成した。同グループ解散後はどの組織にも加わらず,詩作活動を続けた。夢想家の一面をもち,家庭的にも経歴の上でも恵まれない生涯を送った。彼の詩は〈純粋詩〉の実現をめざし,情熱よりも繊細な感情に裏づけられている。《湖畔の時》(1921),《酒杯》(1926)などの詩集のほか,随筆集もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アフメト・ハーシムの関連キーワード東欧演劇亡命文学晩年伊豆の踊子丹下左膳東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone