コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフメト・ハーシム Ahmet Haşim

世界大百科事典 第2版の解説

アフメト・ハーシム【Ahmet Haşim】

1885‐1933
トルコの詩人。《未来の夜明けFecri Ati》誌を主宰し,西欧文学思潮とくにフランス象徴主義を理念とするグループを結成した。同グループ解散後はどの組織にも加わらず,詩作活動を続けた。夢想家の一面をもち,家庭的にも経歴の上でも恵まれない生涯を送った。彼の詩は〈純粋詩〉の実現をめざし,情熱よりも繊細な感情に裏づけられている。《湖畔の時》(1921),《酒杯》(1926)などの詩集のほか,随筆集もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アフメト・ハーシムの関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄