コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカウシガエル あふりかうしがえる

世界大百科事典内のアフリカウシガエルの言及

【アカガエル(赤蛙)】より

…体長10cm以下の種類が多いが,体長が30~40cm(記録(ギネスブック1997年版)では1989年,カメルーンのサナガ川で捕れた個体は36.83cm)に達する世界最大のカエル,アフリカ産ゴライアスガエルConraua goliath(英名goliath frog)(イラスト)も含まれる。これに次いで大型のアフリカウシガエルPyxicephalus adspersus)(イラスト)は地中生活者で,産卵期には雄は沼で卵や幼生を守り,近寄る敵はそれがたとえゾウであってもとびかかるといわれる。あごの力が強く指をかまれると歯で傷つくほど。…

【ウシガエル】より

…近年ではこの後肢肉は,食用として逆にアメリカに出荷されている。ウシガエルの名は,姿の似たナンベイウシガエルLeptodactylus pentadactylus(全長20cm)やアフリカウシガエルPxicephalus adspersus(全長22cm)(イラスト)などの大型種にも付せられている。【松井 孝爾】。…

※「アフリカウシガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android