コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカゴールデンキャット Felis aurata; African golden cat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカゴールデンキャット
Felis aurata; African golden cat

食肉目ネコ科。体長 70cm。体の毛は短くて柔らかく,光沢がある。毛色は美しい橙褐色であるが,ときに灰色を帯びることもある。背はわずかに暗色を帯び,体側から下面にかけて暗色の斑点がある。非常に珍しいヤマネコで,また夜行性であるため,詳しい習性は明らかにされていない。齧歯類,鳥類,岩狸類などを食べる。セネガルからコンゴ民主共和国ケニアの森林などに生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカゴールデンキャット
あふりかごーるでんきゃっと
African golden cat
[学]Profelis aurata

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。セネガル、コンゴ民主共和国(旧ザイール)からケニアの森林に生息する。体長70~95センチメートル、尾長は28~37センチメートルである。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリカゴールデンキャットの言及

【ネコ(猫)】より


[形態と機能]
 現生の種の体の大きさは変化に富み,最小のものは南アフリカのカラハリ砂漠付近の乾燥地帯に生息するクロアシネコFelis nigripesで,体長33~50cm,尾長15~20cm,体重1.5~2.75kgにすぎないが,最大のものはアジアに分布するトラPanthera tigrisで,なかでもシベリア南東部や中国東北部に生息する亜種のシベリアトラ(チョウセントラ)P.t.altaicaは大きく,体長2.8m,尾長95cm,体重306kgに達する。体色も変異が著しく,灰色のコロコロ(パンパスキャット)Felis colocolo,灰褐色のジャングルキャットF.chaus,褐色のマライヤマネコF.planiceps,金色をおびた褐色のアフリカゴールデンキャットF.aurata,赤褐色のヤガランデF.yagouaroundiまであり,白色型のライオンP.leoや黒色型のヒョウ(クロヒョウ)P.pardusなども知られている。褐色や黒色の斑紋をもつものが多く,トラのような縞模様,ジャガーP.oncaなどのような梅花状の大きな斑紋,チーターAcinonyx jubatusなどのような黒点があり,それぞれまったく別のもののように見えるが,黒点がつながって縞模様や梅花状斑紋が形成されたものである。…

【ヤマネコ(山猫)】より

…イリオモテヤマネコと外形が似るコドコドF.guigna(イラスト),大型で斑紋が美しいオセロットF.pardalis(イラスト),尾が長い樹上生のマーゲイF.wiedii,乾いた草原にすむコロコロ(パンパスキャット)F.colocolo,比較的寒冷な森林にすむジョフロイネコF.geoffroyi,高山にすむアンデスネコF.jacobitaがある。以上のほかヒョウネコ類にはアフリカのサバンナのサーバルF.serval(イラスト),ヒマラヤから東南アジアに分布するアジアゴールデンキャットF.temmincki,サハラ以南のアフリカにすむアフリカゴールデンキャットF.aurata,体つきから走り方までテンやイタチに似るが,頭骨の構造はサーバルやゴールデンキャットに似る南アメリカのヤガランデ(ジャガランディ)F.yagouaroundi(イラスト)がある。 リビアネコ類は耳が三角形で先がとがり,その背面にふつう白斑がなく,体には原則としてトラに似た横縞をもつ小型のヤマネコで,頭が丸く,吻(ふん)が短く,尾には顕著な黒帯があり,先端が黒い。…

※「アフリカゴールデンキャット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフリカゴールデンキャットの関連キーワードアジアゴールデンキャットオカピ野生生物保護区

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android