コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ開発会議(TICAD)

3件 の用語解説(アフリカ開発会議(TICAD)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフリカ開発会議(TICAD)

アフリカの支援や協力を話し合う国際会議。日本政府主導で国連開発計画などと共催し、アフリカ諸国首脳も招いて93年から5年ごとに開いてきた。前回はアフリカとアジアの投資・貿易推進や人間の安全保障の重要性を確認。来年5月、横浜で第4回会議(TICAD4)がある。

(2007-08-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

アフリカ開発会議(TICAD)

アフリカの開発をテーマに、日本が国連や世界銀行などと共催する。93年から5年ごとに開催され、これまでは東京で開かれた。28〜30日にあり、アフリカから過去最高の約40カ国の首脳が参加を表明。環境・気候変動問題への対処なども話し合われ、横浜宣言が採択される予定。

(2008-05-23 朝日新聞 夕刊 2社会)

アフリカ開発会議(TICAD)

日本が主導し、アフリカ諸国の首脳らが参加して開発問題を話し合うフォーラム。これまでの5回は日本で開かれたが、第6回会議は27、28日にケニアナイロビで開催される。

(2016-08-27 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカ開発会議(TICAD)の関連キーワードアフリカ開発銀行国連アフリカ経済委員会アフリカ開発会議アフリカ菫アフリカ舞舞ブラックアフリカ南アフリカネリカ米汎アフリカ主義アフリカのHIV

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone