アフリカ開発会議(TICAD)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アフリカ開発会議(TICAD)

アフリカの支援や協力を話し合う国際会議。日本政府主導で国連開発計画などと共催し、アフリカ諸国首脳も招いて93年から5年ごとに開いてきた。前回はアフリカとアジアの投資・貿易推進や人間の安全保障の重要性を確認。来年5月、横浜で第4回会議(TICAD4)がある。

(2007-08-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

アフリカ開発会議(TICAD)

アフリカの開発をテーマに、日本が国連や世界銀行などと共催する。93年から5年ごとに開催され、これまでは東京で開かれた。28〜30日にあり、アフリカから過去最高の約40カ国の首脳が参加を表明。環境・気候変動問題への対処なども話し合われ、横浜宣言が採択される予定。

(2008-05-23 朝日新聞 夕刊 2社会)

アフリカ開発会議(TICAD)

日本が主導し、アフリカ諸国の首脳らが参加して開発問題を話し合うフォーラム。これまでの5回は日本で開かれたが、第6回会議は27、28日にケニアナイロビで開催される。

(2016-08-27 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフリカ開発会議(TICAD)の関連情報