アブドゥルラフマーン(英語表記)Abd al-Rahman

大辞林 第三版の解説

(一世)731~788 後ウマイヤ朝の君主(在位756~788)。アッバース朝の攻撃を逃れコルドバに後ウマイヤ朝を樹立。フランク王国のカール大帝と攻防を展開。
(三世)891~961 後ウマイヤ朝の君主(在位912~961)。学芸を保護してコルドバをイスラム文化の中心地とし、後ウマイヤ朝の最盛期を現出、929年よりカリフを称す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android