コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥルラフマーン Abd al-Rahman

大辞林 第三版の解説

アブドゥルラフマーン【Abd al-Rahman】

(一世)(731~788) 後ウマイヤ朝の君主(在位756~788)。アッバース朝の攻撃を逃れコルドバに後ウマイヤ朝を樹立。フランク王国のカール大帝と攻防を展開。
(三世)(891~961) 後ウマイヤ朝の君主(在位912~961)。学芸を保護してコルドバをイスラム文化の中心地とし、後ウマイヤ朝の最盛期を現出、929年よりカリフを称す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アブドゥルラフマーンの関連キーワードウマイヤ朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android