アブド・アルハーディー(英語表記)‘Abd al-Hādī

20世紀西洋人名事典の解説

アブド・アルハーディー
‘Abd al-Hādī


1889 - 1970
パレスチナの弁護士。
1911年パリで秘密政治結社「青年」を結成する。2回の世界大戦の時、ヨルダン国王やアミーン・アルフサイニーと関係を持ちアラブ連盟要職に就き、戦前派アラブ・パレスチナ解放運動家として活躍する。しかし、PLO首脳にはなれなかった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android