コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブハー Abhā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブハー
Abhā

旧名マナージル。サウジアラビア南西部,アシール地方の標高 2440mの高原上の町。ビシャー涸れ川 (ワディ) の上流に位置し,隊商路上の要地。農業地帯で,ミレット (雑穀) ,ナツメヤシの実,野菜,ブドウを産する。人口約3万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブハーの関連キーワードクンフザ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブハーの関連情報